• Shigehiko Ichio

7月3日(土)26回目の授業

1:「リフレクション」の授業


今週の仕事の振り返り。ワンオペ解消の方針を打ち出さない職場に辞意を伝えたものの、改善策なしに少し引き留められたり、なかなかバイト先が決まらなかったり。いろんな職場での出来事をシェアできることは有意義です。


その後、前回の授業の振り返り。そして、ポジティブ日記のトレーニング。少しずつ慣れてきている感じがあります。今ある当たり前のことに目を向けることは、大きな勇気づけになります。


2:「言語技術」の授業


今回から「20の書くスキル」に入りました。書くスキルは4つの分野に分かれています。

1:発想、着想

2:構想・構成

3:主として「説明、記録、論説」等にしようする叙述技術

4:主として「描写(人物描写、情景描写)に使用する叙述技術


今回は1の発想・着想の3つのスキル

主想・主材・選材

についてやりました。


3:「歴史」の授業


大化の改新について。なぜこれを暗唱するのかということを背景やストーリーを知ることで理解できたと思います。


4:「思考」の授業


たとえ話にどんな要素があると、いいたとえ話になるのかということを説明し、どのようにたとえ話をつくるのかということを教えました。


たとえ話は、相手の理解を深めたり、興味をもってもらったりするために大事なスキルです。


5:「SDGs」の授業


今回は、「じわじわ広がる教育格差」

これはまさに瀬戸プラクティカルカレッジが取り組んでいることそのものです。

学力ゲームはお金がある人が勝つゲームなので、そうではないキャリアをつくっているのだという話をしました。


以上





閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示